最高ランク

大切な人に送る胡蝶蘭の詳細

胡蝶蘭は簡単に増やす事はできない貴重な蘭でした。
その見事な姿と圧倒的な存在感で高級な贈答花としても人気があります。
18世紀のイギリスや世紀末のフランスの人々を魅了したように、今でも世界中の人に愛されて、日々品種改良をされている花でもあります。

もともとは東南アジアを中心とした熱帯雨林地方の花なので、独特の存在感と色合いがなんとも魅力的です。
蘭は被子植物の中でも最大の科で、約35,000種もの種類があると言われています。
そこに人間が作り出した新しい品種が加わるのでそれは多くの蘭があります。

さらに、小輪形、中輪形、大輪形と用途に合わせて品種改良されているので身近な花として選びやすくなりました。
ミニコチョウランは小柄で小さな花をたくさんつけるので、場所をとらずにカジュアルに花を楽しむ事が出来ます。
ドリティス・プルケリマのように原種のままミニコチョウランとして流通しているものも多いようです。

ジャングルを思わせる花色は個性的でカラフルです。
白やピンクだけでなく、リップといって中心部分だけ濃い赤だったり、黄色や茶色、紫色など見ているだけで楽しくなります。
ミニコチョウランは、値段も手頃なので最近人気の品種です。

これならお友達の誕生日プレゼントにも喜ばれるでしょう。
中輪形の胡蝶蘭はコンパクトな仕立てなので贈られる方が置き場所に困りません。
会社関係ではなく個人に贈るなら、中輪形がいいでしょう。

高さ65〜80センチくらいで、花の大きさは6〜10センチです。
花色も小輪形と同じくらい多く、個性的なので贈られる人に合わせて花を選ぶ事ができます。
大輪形の胡蝶蘭はなんといっても他のどんなフラワーアレンジメントも圧倒するほどの存在感があります。

高さは100センチを超えるものが多く、花の大きさも10センチ以上。
大輪形の代表のシグナス系になると1輪の花の径が16センチにもなるものがあります。
高級感のある花ですが、様々な品種があるので、値段もいろいろ。

最近では選びやすくなってきました。
身近な人への贈り物に胡蝶蘭を選ぶのも粋かもしれません。


Copyright(C) 2013 大切な場に欠かせない花 All Rights Reserved.